rokuimg
最高のパフォーマンスを実現するため、プレーヤーと手球の接点にフォーカスし、タップの開発を進めていく中で、そのタップと手球の間に存在するもう一つの重大な要素であるチョークの存在を無視できなくなってきたことがチョークプロジェクトの始まりでした。

KAMUIタップのパフォーマンスを最大限引き出すために、同水準またはそれ以上のチョーク性能でなければならず、日々あらゆる素材や製法を試す中、KAMUIのスタンスでもある”削ぎ落とし”が必要であることに気づきました。

それはチョークに求められる主力性能である、グリップ力、ノリ、堅牢性を最小限の要素でバランスよく成立させる最高品質であること。それらを実現するためにキーとなった”最密充填”という考え方。そして、完成形はそれを象徴する六角形でリリースすること。これらが当時から根本にあるプロジェクトの主要ポイントでした。

そして、0.98と1.21のリリースから長期の改良期間を経て、目標基準を満たすレベルのチョークが完成。開発コンセプトから、名称を「ROKU」としました。

roku2018roku2012roku2011


concept
roku

ミニマムで完全なるバランスの限界へ。

 
プレイが高度になればなるほど、イメージと実際のプレイの誤差を縮めることが難しくなります。高性能チョークに求められる、グリップ力、ノリ、堅牢性を実現するためにキーとなったのが”最密充填”という考え方。

最小限の要素と粒子配合バランスの限界を追求することで完成したROKUは、KAMUIタップと共鳴し、あなたのショットをより高精度にコントロールすることを成功させます。


mainfeatures
mf1

グリップ力

粒子配合の微調整により、限界撞点の拡張を実現しています。そのチューニングはKAMUIタップの性能を最大限に活かします。

mf3

ノリ

独自成分により、タップの表面に絡みやすく、且つ過剰塗布を起こすことなく、薄い被膜をつくることで、ノリの精度を実現しています。

mf2

堅牢性

充分に脱気を施し、高密度を実現することで堅牢性を高めています。それに伴い、重厚感による塗りやすさと擦り減りにくいという利点があります。

 

effect
 

Larger Sweet Spot

チョークの粒子の微小化によりグリップ力を向上させ、限界撞点の拡大を実現。

 

More Accurate Aim

グリップ力の向上により横方向へのスピンの量を増大させトビを低減。