Posts Tagged ‘チョークについて’

KAMUIチョークの性能テスト

KAMUIチョークの性能評価を目的とし、ハイスピードカメラを用いてKAMUIチョークと他社製チョークの評価を以下の通り実施しました。

テスト条件:

同一プレイヤーがショットを実施。
手球の外周1回転分の距離内で出来るだけ多くのスピンを与えることを目的としてショットを実施。それぞれのチョークで最もスピンが多かったものが以下の動画である。従ってKAMUI チョークと他社製チョークのショットスピードは異なる。

 

テスト結果:

KAMUIチョークの方がより手球の外側を撞くことができた。
KAMUIチョークの方が限界撞点付近をより早いスピードで撞くことができた。

 

まとめ:

動画を観察しても分かるようにKAMUIチョークの方がより手球の外側を撞くことができ、限界撞点付近でもキュースピードを落とさず撞くことができるため、より多くのスピンを手球に与えることができました。特にドローショットの場合はこれまでは手球の外周1回転分距離内では手球を1回転以上ドロー回転させることは難しいとされていましたが、KAMUIチョークを用いるとその限界を大きく超えられることが判明しました。

限界撞点付近を撞く必要がありキューミスが許されない場合やこれまでのチョークでは実現できなかったショットにトライする場面に重宝するチョークです。

 

ドローショット・バージョン

サイドスピン・バージョン

KAMUIチョークのグリップ力と限界撞点

これまでチョークのグリップ力(キューミスをさせない性能)について多くは語られてこなかったがここでKAMUIがチョーク開発の中から得られた情報を公開していきたい。

チョークのグリップ力というものはすなわち、

チョークのグリップ力=手玉とタップの間に発生するお互いが滑ろうとする力に対抗する力

ということだ。

言葉にして表現してみると案外簡単なことなのだが、これを実現しようとすると結構難しい。

上図が示すように手玉の表面上で滑ろうとする力に対抗するためには手玉とタップの接触面における摩擦力を高めていく必要があるが、そのためには

①チョークの粒子と手玉の接触面積を出来る限り大きくする。摩擦力が働く面積を広げればそれだけ滑らなくなる。

②手玉にチョーク粒子が食い込むようにする。手玉の表面にチョークが食い込むことによって摩擦力は大きくなる。手玉は常にチョークによって削られおり長年プレーしていると手玉が小さくなるのはこのためだ。

厳密に言えばこの他の要素も関係があるが、大きなものとしては上記の2つである。これらの要素を向上させていければ必然的にチョークのグリップ力も向上していく。

KAMUIチョークでは以上の2点をクリアできる材料を選定し、チョークに応用することに成功した。その結果、従来のチョークではかなりの確率でキューミスを引き起こす撞点でも安定して使用できるようになり限界撞点が広がった。限界撞点の拡大によって従来のチョークではキューミスをするかしないか微妙な撞点を用いた場合でもほとんどキューミスの発生はなくなった。

複数のプレイヤーによる感応評価の結果

 

 

 

 

 

 



Copyright © KAMUI BRAND All Rights Reserved.
Web Produced By .